コロナワクチン接種後、痙攣、嘔吐、死亡。ワクチンによる人口削減計画。

看護師の方がコロナワクチン接種後、亡くなられたとの報道がありました。

3月上旬から順次、医療従事者に対し、新型コロナワクチン接種が進められているそうです。

知っている人も多いかと思いますが記事にしておこうと思います。

テレ朝news

“ワクチン副反応でアナフィラキシー”新たに40人 [2021/03/26 18:23]

副反応としてアナフィラキシーが出た人が新たに40人確認されました。

厚生労働省の審議会が新型コロナワクチンを接種した後にアナフィラキシーを発症した181人を調べました。

その結果、12日までに判明していた7人に加えて、40人がワクチンの副反応だと評価されました。

また、26歳の女性が接種後にくも膜下出血などを起こして死亡したことが報告されましたが、脳の腫瘍(しゅよう)からの出血が疑われ、ワクチンとの因果関係は評価できないとされました。

接種後の死亡は2人目で、いずれも因果関係は評価できないとされています。

このほか2回目の接種を受けた約4000人のうち、35%の人が接種後に37.5度以上の熱が出たと報告されました。

厚労省は「治験でもこうした結果が出ていたので、予想されていた」としています。

 

テレ朝newsで書かれてあるのは26歳女性、と書かれてありますが、看護師の方だったそうです。

報道では大きく取り上げられていません・・・。

亡くなられたのは福岡の八女公立病院の看護師の方。

 

 

(八女公立病院は存在しない。デマだーといっている方もいたようですが、
八女公立病院は「公立八女総合病院」の旧称であって、この地域では八女公立が通称だそうです。)

少し前にtwitterで拡散されてましたが、ワクチンの治験バイトで9万円がもらえるからという理由で接種した人がいました。

12月30日に接種し、2月に泡を吹いてお風呂場で亡くなっていたそうです。

新型コロナウイルスワクチンの治験バイト

年末に都内で新型コロナウイルスワクチンの治験バイト(謝礼9万円)があり、2日で100人ほど打った模様。
ところが、そのうちのお金に困っている美大生の20歳の女の子が、12月30日に接種し、2月に泡を吹いてお風呂場で急死、しかも9万円は振り込まれず。
この女の子は新宿のPCR検査を受けて陽性者となり、無症状で10万円を貰っていた。
PCR検査の時に連絡先を書いたところ、治験に誘う封筒が届いて、お金欲しさに周りが止めるのも聞かず打ってしまった。
12月31日に友人が遊びにLINEで誘うと、気持ち悪いとだけ連絡があり、電話しても出ず。
女の子の母親はコロナを信じており、怖いので実家に戻って来るなと言っており、アパートで1人、死んでいたと。
このことをTwitterで伝えた知人の女の子に対するリプがどんどん消えていく、と。
その他にも、知人の息子さん(23歳)が治験で死んだかもしれない、という人が1人、彼氏が治験で打ちに行ったっきり連絡が取れず、アパートにもいないという子が1人。
こうしたことはきちんと調べて情報開示すべきです!!
通常は10万人に数人程度の有害事象想定なのに、これでは有害事象を飛び越えて死者が100人に1人以上短期間で出ている可能性があります。
しかも有償のPCR検査を受けた人をリクルーティングしているのが本当なら大問題です。

 

ワクチンが毒であり、害でしかないという情報はかなり広がっているので知っている人も増えてきていると思います。ですが、同時に創価学会(李家)による言論弾圧・情報統制もだんだん激しくなってきています。

最近、twitter検索しても見たい情報が出てこなくなりました。

ファイザーについて前に見てたツイートが検索に出てこないし・・・。

「コロナにかかって重症化したらどうするんだ……」「ワクチンは重症化を抑えるんじゃないの」という人もいますが、そもそもコロナは存在しないということが暴かれています。↓↓

〇ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

〇【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

 

PCR検査キット説明書には、インフルエンザでも「陽性」になると記載されているようです。

それに、『無症状』でも「コロナ患者」としてカウントされるということも、普通に考えたらおかしな話です……。

 

PCR 検査陽性者≠感染者ではありません

厚生労働省内閣官房危機管理・医務技術総括審議官 佐原康之さんが10:34〜10:42で以下を明言されました (柳ヶ瀬議員の質問を3回はぐらかし4回目の答弁)
PCR検査の陽性判定=ウィルスの感染性の証明ではない。
以下、前後のやり取りを文字起こし。

Q:確認ですけれども、PCR 検査で陽性判定されたからといってその人に感染力があるとは言えないという事で宜しいでしょうか

A:PCR 検査陽性判定イコール、ウイルスの感染性の証明という事ではないということでございます

Q:これは極めて由々しき問題だと思いますよ

該当の動画はこちらをご視聴ください (10分20秒~)

 

 

新型コロナ 8月の感染 9割が無症状、軽症 4月上回る305人 早期把握が奏功 /石川(毎日新聞2020/09/02)

県内では8月、新型コロナウイルスの新規感染が再拡大した。最初のピークだった4月(238人)を上回る305人を数える一方、感染者の9割近くが無症状や軽症で、約7割だった4月と比べると様相は少し異なる。背景には県が検査数を増やし、早期把握を進めたことがある。患者用のベッド数も積み増されており、県は「病床が逼迫(ひっぱく)している状況ではない」としている。【阿部弘賢】

 

 

『PCR検査でインフルも陽性反応が出る』のならば、「インフルエンザ患者をコロナ患者として数えている」と普通は考えると思います。

昨年は、コロナ患者が増える代わりに、インフルエンザの患者数が激減していました。

 

そして現在、大阪にコロナ感染者が増えているとの報道がありました。

しかし、大阪はPCR検査数がかなり増えている。

 

PCR検査が増えたら、必然的に無症状感染者数も増えますよね。しかしそういったことにメディアは触れない。。。

私の周りでコロナに感染した人を全く見たことがありませんが、テレビでは芸能人がコロナに感染したとよく報道していますね。それにはやはり創価が関係してくるようです。↓

〇山本耕史が新型コロナに感染 芸能人のコロナ感染報道は創価ホイホイ

 

先ほどの話に戻りますが、八女公立病院の看護師が受けたのはファイザー社の「コミナティ筋注(劇薬)」。

新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要 <P5-6>

 

「コミナティ」の製造元ファイザーの最高経営責任者アルバート・ブーラは、「私は健康だから接種していない」と発言。

本人はワクチンが毒だとわかっているからこそ、なんとしても打ちたくないようです。。。

↓ツイートリンク

 

ファイザーを支援しているのはビルゲイツ財団だそうですが、ビルゲイツも創価学会とズブズブだし、ワクチン推進しているのも創価・公明党。

海外でもたくさんの人が被害を受けていて、ワクチンの危険性を訴えている人たちが世界中に大勢います。

〇アメリカのベン・タッパー医師が、ワクチン接種の危険性と政府や製薬会社(ファイザー、モデルナ)の悪事について告白。

〇ファイザー元副社長のイードン博士 ワクチンの危険性を告発していた!!

アメリカ国内で ワクチン接種後死亡1170件。

完全な健康状態にあった33歳の医師 我苦チン(ファイザー)を信頼した結果。

 

殺人ワクチンによって、命を落とす人、人生を奪われる人がこれ以上出ませんように。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

rapt(@rapt_neo)がシェアした投稿

 

 

 

 

カテゴリーBLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です